退職も見直し時期

人生の転機には、色々ありますが、会社勤めをしている人であれば、退職の時期も、重要な転機です。
長い間働いて来た会社から引退することになり、現役世代から身を退くことでもあります。
もちろん、まだまだ人生そのものの引退という訳ではないですが、ひとつの区切りであり、つい思いのこもってしまう時期でもあるのでしょう。
こういう退職の時期においても、生命保険の見直しのタイミングでもあります。
現在は、種々雑多の家庭があるため、退職しても、子供と同居という人も、数多くいるようです。
しかし、一般的には、子供も独立し、しかも、会社も退く、いわば人生の余暇を十分に楽しめる時期でもあります。
老いに関し、あまりいいイメージを抱かない人もいるようですが、熟成という言葉があるように、もしかしたら、退職後の人生とは、そういう熟成の時であり、別な角度から人生を楽しめるのかもしれません。
もちろん、老いも考える時であり、生命保険についても、それに見合ったものに変更することもまた、重要でしょう。
夫婦二人だけのこともあれば、もしかしたら一人だけのこともあるかもしれません。
子供が独立していれば、残す保険金もまた、自然と変わって来ます。
年金暮らしに入ることが通常でもあり、そこでもまた、生命保険を見直すべき時とも言えるのでしょう。
なお、生命保険には、個人年金もありますが、通常は、退職時期と同時に受給されるようになります。
仮に生命保険の見直しをするのであれば、そういう受け取る年金額とのバランスを考えておくことも大事になるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索
Google

Copyright (C)2017見直してみませんか?10年前に入ったその生命保険.All rights reserved.