新商品の登場も

市場経済は、市場があることで、革新が進んで行くとの考えがあるようです。
たとえば、ある商品があれば、それよりも、より良いものを作り出そうと、開発が行われます。
そうして、市場に新商品が登場し、さらにそれを乗り越えようと、開発が続きます。
つまり、競争が行われることで、市場が活性化し、自然と革新もなされるということです。
こういう動きは、生命保険においても、当てはまることです。
1990年代後半から始まった日本版金融ビッグバンは、保険料の自由化を認めるようになり、外資系企業も多数参入しています。
そのため、保険市場の競争が激化し、過当競争という形容もされています。
そういう中では、新商品が次々と登場し、以前のものとは異なったサービスなどが付与されているかもしれません。
そうして、保険会社からすれば、顧客を獲得しようとしているようです。
こういうことから、新商品が登場した時もまた、生命保険の見直しのタイミングでしょう。
各保険会社とも、顧客獲得のために、広告などを利用しています。
新聞や雑誌はもちろん、最近では、インターネットの広告にも力を入れているようです。
このため、インターネットで、新商品をチェックすることもまた、重要な見直しの仕方となるでしょう。
なお、保険商品は、テレビCMなどでも告知されます。
日頃視聴しているテレビ番組の合間でも、新商品をチェックすることができるようです。
この方が、日常生活と関係しているため、認識しやすいのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索
Google

Copyright (C)2017見直してみませんか?10年前に入ったその生命保険.All rights reserved.